著作権について

Copyright

こんにちわ

株式会社ワイジェイグループの灰色男、スタッフKです。

今回は、少しグレーな話著作権です。

ブログを更新するに当たって良くぶち当たるネタ切れ。

ネタは、あるけど写真がない

写真ネットでみれるでもこれってどこまで使ってもいいの??

ちょっと調べてみました。

?以下公共社団法人著作権情報センターのサイトより抜粋

Q11ホームぺージやブログを作成するにあたり、他人の著作物を利用したいのですが、どのような点に注意すればよいのでしょうか。

A11ホームページやブログを作成するに当たって他人の著作物(文章、写真、絵画など)を取り込むことがあります。
この場合には電子信号によってパソコンのハードディスクやフロッピーなどに複製することになるので複製権の処理が必要になります。

私的使用のための複製は自由であるという趣旨の規定がありますので(著作権法第30条)、
みずからの趣味としてホームページなどを作成する場合には複製権の処理が必要ないように見受けますが、ホームページやブログは不特定多数の人からのアクセスが可能であり、またそれを予期して作成するものであるところから、
「私的使用」の範疇を超えるものであって、権利者から複製の許諾をとらなければならないものと考えます。
また、プロバイダーのサーバーにアップロードする際には送信可能化権が働きますのでこの処理も必要になります。
以上が原則ですが、若干問題となる点がありますので、以下にそれを検討してみましょう。

(a) 国・地方公共団体の作成した報告書の転載 著作権法第32条2項は、「国若しくは地方公共団体の機関、独立行政法人又は地方独立行政法人が一般に周知させることを
目的として作成し、その著作の名義の下に公表する広報資料、調査統計資料、報告書その他これらに類する著作物は、説明の材料として新聞紙、雑誌その他の刊行物に
転載することができる。ただし、これを禁止する旨の表示がある場合は、この限りでない。」と規定しているので、「新聞紙、雑誌その他の刊行物」であれば自由に
使ってもよいということにはなりますが、ホームページがはたして「刊行物」といえるかが問題となります。
本来、刊行物とは出版物を指す言葉として使われておりますので、厳密にいえばこれに該当するとみることはできないということになります。
しかし、国・地方公共団体等が作成した資料はその内容を国民一般に広く知らせることを目的として作成されたものですから、ホームページに転載して利用されることは、
むしろ作成の目的に合致するものと解されます。このように見ていきますと、これらの転載には許諾を必要としないと考えてよいと思われます。

(b) 引用 他人の著作物の一部分を引用することは、それが「公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で
行なわれるもの」である限り、権利者の許諾を必要としません(著作権法第32条1項)。しかし、「公正な慣行」とは何か、「正当な範囲内」とは分量的にはどの程度まで
許されるのか、については明確ではなく、すべて判例に任されているといってよいでしょう。かつて山岳写真の一部分がカットされそこにスノータイヤの写真が合成されて
問題となった事件において、最高裁は、「引用とは、紹介、参照、論評その他の目的で自己の著作物中に他人の著作物の原則として一部を採録することをいうと解するのが
相当であるから、右引用にあたるというためには、引用を含む著作物の表現形式上、引用して利用する側の著作物と、引用されて利用される側の著作物とを明瞭に区別して
認識することができ、かつ、右著作物の間に前者が主、後者が従の関係があると認められる場合でなければならない」と判示しているので、 (1)自分の著作物と引用する
他人の著作物との間に1行空けるとか、他人の著作物にカギカッコをつけるなどして、自他の著作物を明確に識別できるようにすること、 (2)自分の著作物が主で、引用する
他人の著作物が従の関係にあること、が必要であると考えられます。特に(2)については、主従の関係は量的にだけでなく、質的にもそのような関係が存在することが要求さ
れているとみるべきでしょう。なお、引用には出所の明示が必要であることに注意してください(著作権法第48条1項)。


簡単に言うと

・基本ネットにある画像は、使っても良いが使わないでねと言われてるものは、だめだよ
・転載、引用も基本大丈夫ですが、あたかも自分が考えているのかと思われるので自分が書いたものか人から借りたものかを明示する必要がある

との事


ブログをなどで転用、引用、画像を使う時は、注意ですね。

以上スタッフKでした。